有名な鯉のぼり

空に舞うジャンボ鯉のぼり

鯉のぼりは、毎年4月から5月にかけて全国各地のお祭やイベントなどで見かけることが多いのではないでしょうか。
中でも有名な鯉のぼりは、そのサイズやスケールの大きさが話題となりニュースなど各メディアで季節の風物詩として紹介されています。おそらくそのサイズが最も大きいものは全長が約100メートル、重さも300キログラムを超える巨大な鯉のぼりでしょう。毎年大きな鯉のぼりが空に舞う姿を見るために多くの人が見物に訪れるようですが、風向きや天候などに左右されるため悠々と泳ぐ姿を長く見られるかどうかは運なのかもしれません。大きな鯉のぼりが空高く泳ぐ姿は圧巻ですが、それを裏で支える方々の尽力あっての遊泳は一層感動を与えてくれそうです。

圧巻3000匹以上の鯉のぼり

鯉のぼりは各家庭でもお父さん鯉、お母さん鯉、子供たちの鯉など一つだけではなく複数飾る家庭も多いのではないでしょうか。
地方の鯉のぼり祭などイベントでは、複数どころかその数の多さに圧倒される景色を見ることができるようです。温泉地の近くの川幅いっぱいに並べられた鯉のぼりは色とりどりで、その数およそ3000匹以上が一斉に泳ぐのだとか。3000匹と言われるとその数の多さに想像が及ばなくなりますが、やはりそのとてつもない数が一番の見どころになるのでしょう。川幅の端から端まで目いっぱい一面に泳ぐ鯉のぼりたちを眺めた後に、ゆっくりと温泉につかりながら休憩すれば心身ともに疲れが癒えそうです。家族で温泉につかりながら鯉のぼりの話をするのもいいかもしれません。

© Copyright Handmade Banner. All Rights Reserved.