のぼりの種類について

大きさや小ささを重視したデザインも作れます

遠くから見てもインパクトがあると思えるような、のぼりのデザインを作りたいと考えている時には、大型のぼりを発注する事を推奨します。圧倒的な存在感で大型のぼりは人気が高く、ロードサイド設置用として活用される事も増えてきました。

のぼりを設置する場所が無くて困っている時には、どこにでも設置しやすいミニのぼりを活用してください。卓上のぼりと呼ばれる事もあり、ポップの代わりや車内装飾として活用されています。

大きさを細かく指定しながら生地を作成できるからこそ、のぼりは場所を選ばずに設置しやすいです。生地は後から折り畳む事ができるので、生地のサイズを問わずに収納場所に困らないという点でも、のぼりの扱いやすさは注目されています。

風に揺れて目立ちやすいデザイン

見た目がお洒落で存在感もある、のぼりのデザインを作りたいと考えた時には、スウィングバナーを活用してください。スウィングバナーとは船やヨットの帆のような形状をしたもので、生地が風で揺れ動くために存在感があります。スポーツの試合や音楽イベントなどで、お洒落さをアピールしたい時にスウィングバナーが役立てられる事が多いです。

変則的な形状をした生地を、のぼりとして掲げたいと考えた時には、ストリームフラッグが役立ちます。スウェイングバナーと同じく、風で生地が揺れ動くところも魅力で、生地の形状を自由に変えやすいのが特徴です。のぼりの存在感を高めるためにも、デザインを細かく変える事ができるという点に注目してください。

© Copyright Handmade Banner. All Rights Reserved.